FXを初心者向けにわかりやすく解説していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一目均衡表とは?

今回は一目均衡表の解説です!!

一目均衡表はテクニカル分析の中でもトレンド系の指標になります

読み方は、「いちもくきんこうひょう」です。

この一目均衡表は、日本人が開発した有名な指標なのですが

はっきり言って、深いですw

ですから、分割して解説していきます。

難しいと思いますが、基本をまず覚えることが大事です^^

かなり使えるテクニカル分析なので、がんばましょう!!

一目均衡表は一目山人(ペンネーム)という人が、

長い年月をかけて考案したものです。

書いて字の如しの通りに、相場が一目(ひとめ)でわかるように

作られた表になります。

まずは、基本的なコンセプトを理解する必要があります。

一目山人が考えた理論では、

「買い方と売り方の両者の均衡が破れたほうへ相場が動く」

ということに由来します。

要するに、買い方と売り方が同じ量(力)ならば

チャートは横に直線になるはずです。

しかし、実際のチャートは上下に動きます、

これは、買い方売り方どちらかに

力が偏っているからという理由です。

では、チャートについてる一目均衡表の解説をします。

実際に一目均衡表を見ていきましょう。

FXプライムのチャートを使用しています
18.jpg
(クリックで拡大できます)

外為どっとコムのチャートも載せておきます
19.jpg
(クリックで拡大できます)

見やすい方で、確認してみて下さい。

このテクニカルには、線が多いので一つ一つ確認して下さい。

FXプライムの一目均衡表で解説していきます。

・基準線
 その日を含めた過去26日間の最高値と最安値の平均で、
 中期的なトレンドを示します。

・転換線
 その日を含めた過去9日間の最高値と最安値の平均です。

・遅行スパン
 当日の終値を26日前に表示させます。

・先行スパン1
 基準線と転換線の平均値を26日先行させて表示。

・先行スパン2
 過去52日間の最高値と最安値を平均して、26日先行させて表示。

これが基本になってくるので覚えて下さい。



基準線とは、まさにこのテクニカル分析の「基準」になります。

見方としては、価格が基準線の上側にあれば強い相場、

下側にあれば弱い相場と判断します。

基準線の方向が相場の方向を示しているので、

基準線が上向いていない状態での価格の上昇は

短期間の反発に終わる可能性が高いと言えます。

要するに、ダマシの可能性が高いということなので、

注意が必要になります。

転換線は、基準線とあわせて使います。

基準線が上向きの状態で、

転換線が基準線を下から上へ突き抜けた(クロスしている)状態を

「好転」と呼ばれる買いのシグナル、

反対に上から下へ突き抜けた(クロスしている)状態を

「逆転」と呼ばれる売りのシグナルとして判断します。

移動平均線でいう、ゴールデンクロス、デッドクロスに似てます。

移動平均線について
(クリックで解説に飛べます)

ただし、基準線が上向いた状態では「逆転」とは呼びません。

これは、基準線が相場の方向性を示してるためにこうなります。



遅行スパンが株価を上回って推移している場合は

「好転」の買いのシグナルとなり、

反対に下回って推移している場合は

「逆転」の売りのシグナルと判断します。



先行スパン1と先行スパン2に挟まれた領域を「雲」と言います。

これは、一目均衡表の代表的な部分になります。

価格が雲の上にあるときは下値支持帯となり、

相場は押し目買い有利の基調となります。

逆に価格が雲の下にあるときは上値抵抗帯となり、

相場は戻り売り有利の基調となります。

下値支持帯とは、サポートライン(支持線)のことで

簡単にいうと、そのラインまでいくと反発しやすいところです。

上値抵抗帯とは、レジスタンス(抵抗線)のことで、

これも反発しやすいラインのことをいいます。

押し目買いとは、上昇トレンドの時に使う買い方で、

価格がある程度下がったところで買うことをいいます。

戻り売りとは、逆に下降トレンドの時に使う売り方で

価格がある程度上がったところで売ることをいいます。

上のチャートを見てもらえればわかると思いますが、

価格は波を打ちながら、上昇または下降していくので

上昇・下降トレンドでも多少の反発はあります。

そこで押し目買い、戻り売りとなります。

雲の厚みとサポート・レジスタンスとしての効力は比例しており、

雲の厚みが厚いほどサポート・レジスタンスとしての効力は強まり

逆に雲の厚みが薄いほど、効力は弱まります。

この他にも、価格が雲の上方にあれば強い相場、

下方にあれば弱い相場と判断することができます。

中長期的に見て、

価格が雲を下から上へ、あるいは上から下へ突破した場合は、

相場の大きな転換と判断することができます。

2本の先行スパンが交差した所を、雲のねじれなどと呼びます。

相場の転換点、トレンドの転換、

もしくは加速となる可能性が高いとされています。

雲で重視するところをまとめると

1.価格が雲の上にあるか、下にあるかでトレンドの判断できる。

2.雲はサポート、レジスタンスになる可能性があるので
 そこに注目する。

3.雲の厚みが厚いほど、サポート・レジスタンの効力は高い、
 逆に、雲の厚みが薄いと効力は弱い。

4.先行スパン1と先行スパン2が交差したところを雲のねじれといい
 相場基調の転換の目安になるといわれているが、直接売買サイン
 には繋がらないことが多い。


売買のポイントを最後に解説します。

買いの条件

・基準線を転換線が下から上にクロスして抜ける場合

・遅行線が価格を上回り、かつ基準線の方向が上向きになった場合

・価格が雲の上を抜いた場合

売りの条件

・基準線を転換線が上から下にクロスして抜ける場合

・遅行線が価格を下回り、かつ基準線の方向が下向きになった場合

・価格が雲を下を抜いた場合

その他の詳しい説明は、他サイト様にお任せしていますw

外為どっとコム>16.一目均衡表(その1)
(クリックで飛べます)

タイコム証券>一目均衡表その1-1
(クリックで飛べます)

一目均衡表についての本は、第1~7巻まであるそうです

それだけ奥が深いってことですね^^;

一回ですべてを理解するのは無理だと思うので、

過去のチャートを見比べて、

「ここが当てはまる」「ここは違うな」などと試して下さい。

自分でやってみることによって

これは使える、使えないなどが出てくると思います。

実際にチャートを見てやってみることが大事だと思います^^

では今回はこの辺でw



取引手数料無料、レバレッジは1~400倍選択可能のFX!


1千円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
スポンサーサイト

ポイントアンドフィギュアとは?

今回はアメリカでよく使われている

ポイントアンドフィギュア(P&F)の説明をします!!

ポイントアンドフィギュアは非時系列チャートです。

アメリカの先物でよく使われてるそうです。

時間の概念をいれずに、価格に重点をおいたチャートで

中・上級者向けといわれていますが、

見方などは簡単ですので、大丈夫だと思います^^

見方はシンプルで、×は上昇、○は下落の動きを表しています。

実際に見たほうがわかりやすいのでどうぞ!!

外為どっとコムさんのnext Chartを使用してます。
17.jpg

簡単に説明したいと思います。

ポイントアンドフィギュアは、価格が上昇すれば「×」

下降すれば「○」の記号で表すのが一般的です。

上昇する数値などは、一定の値幅・比率を決めて

それをマスに埋めていきます。
(マスのことを1ポイント、一枠などと表します)

何ポイント逆に値動きが発生すると反転とするかを決めておきます
(一般的には、3ポイントに設定されていることが多いです)

このルールに従って○×を記入していくだけです^^

次は、ポイントアンドフィギュアの利点を説明します。

1.時間の要素がないので、容易に価格変動がわかる。

2.売買サインが明確である。

3.トレンドがわかりやすく、ダマシも少ない。

4.目標価格(水平測定、垂直測定)が設定できる。

欠点は、

1.時間の要素がないので、時間軸では期間がとりずらい。

2.値幅・比率を自分で決める必要がある場合がある。

後、ポイントアンドフィギュアには

利点の4でも言いましたが、目標価格設定ができます。

これをカウンティング(水平測定、垂直測定)といいます。

ちょっと難しくなりますが、頑張って下さい^^

これは、トレンド転換した後の価格が、

どの近辺を目指すかを計算して示す方法で、

目標価格が設定できます。

簡単に言うと、カウンティング(測定)によって

ある程度売買サインがわかることができます。これだけで売買やっている人もいるので

覚えれば使えるテクニカル分析だと思います。

後は、自分の取引スタイルに合ってるのかどうかが

問題になってきますね。

利点、欠点を考慮して使ってみてください^^

ちょっと難しい内容でしたが、

チャートで見るとわかりやすいと思うで、試してみて下さい!!



取引手数料無料、レバレッジは1~400倍選択可能のFX!


1千円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライムでは今回はこの辺でw

ボリンジャーバンドとは?

今回はテクニカル分析の

ボリンジャーバンド(Bollinger bands)の解説です。

ボリンジャーバンドはトレンド系テクニカル指標です。

ボリンジャーとは開発者の名前に由来しています。

ボリンジャーバンドは、移動平均線の上下にバンドを作るので

エンベロープととても似ています。

エンベロープが移動平均線を基準とした

一定の値幅、一定の比率でバンドを作っていたのに対し、

ボリンジャーバンドは移動平均線を基準とした

標準偏差でバンドを作るというところが違います。

ここでいうバンドの意味は、ひもや帯のことを指します。

では実際に見てみましょう!!

FXプライムのチャートナビを使用してます
16.jpg
(クリックで拡大できます)

見てもらえばわかりますが、前回のエンベローブと似てますね。

使い方もほぼ一緒ですが、違うところもあるので注意です。

では、簡単に使い方を説明します。

上下バンドに、接近した地点が売買するサインになります。

これはエンベローブと一緒ですね^^

上下バンドのどちらかを抜けた場合には使い方は異なります、

抜けた方向に売買するサインになります。
(例:上に突き抜けたなら買い)

ボリンジャーバンドでの分析の利点は、

レンジ(ボックス)相場での売買目安がわかるところと、

トレンドの転換期や始まりが、わかることができます。
(ダマシの場合もあるので注意)

ボリンジャーバンドの欠点は、

ボラティリティ(バンドとの間)が拡大した場合、

どこまで上がるのか(下がるのか)を読み取ることはできません。

通貨ペアごとに変動率が異なりますので、

設定する必要があるときがあります。

こちらのマネーナビさんのページもわかりやすくていいと思います

ボリンジャーバンド分析
(クリックで飛べます)

おさらいになりますが、使い方としては

上下のバンドと価格が交差する時に売買サインがでます。

・上バンドに価格が到達した時に売り

・下バンドに価格が到達した時に買い

上下バンドを超えてしまった時はその突き抜けた方向に買います

・上バンドを価格が上抜けた時に買い

・下バンドを価格が下抜けた時に売り

この他にもバンドの幅で使い方が変わってくるので、

詳しい説明は上の他サイト様の解説をお願いします^^

これ一つでの取引は難しいとので、補助的に使うのが一般的です

実際にチャートで表示してみると使い方がわかりやすいと思います

では今回はこの辺でw



取引手数料無料、レバレッジは1~400倍選択可能のFX!


1千円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム

エンベロープとは?

今回はテクニカル分析のエンベロープ(Envelope)の解説をします!!

今回はテクニカル分析の中でも

トレンド系テクニカル指標に属する、エンベロープを解説します。

これは前に解説した平均移動線を

一定の割合で上下に乖離させたものです。

乖離(かいり)とは、本来は密接に関係しているか、

またはそう在るべき2つの存在・事象・概念・数値が、

離れ離れになっていること、またはその状態を指すことです。

為替や株式では、乖離率で表します。

乖離率とは、

実際の値と値の移動平均線の乖離(離れ具合)の程度ことで、

『値は移動平均線に向け修正する』という概念から、

乖離率の大小によって売買のタイミングを計ることが出来ます。

簡単に言うと、最終的には平均値になるだろう!!って考えですw

実際チャートでエンベロープを見てみましょう。

外為どっとコムさんのnext Chartを使用
11.jpg
(クリックで拡大できます)

エンベロープの見方は、簡単です。

移動平均線からの乖離率から、

売られ過ぎ、買われ過ぎを判断します。

エンベロープを使う時は、

その通貨にあった数値を自分で設定する必要があります。

外為どっとコムのnext Chartの基本設定では、

移動平均線が25日、乖離率が1%となっています。

チャートの左に数値が下のように表示されてます。
13.jpg

一応乖離率を2%に設定してあるものも張っておきますので

上の1%の場合との違いを確認してみて下さい。

乖離率2%の場合
12.jpg
(クリックで拡大できます)

ではエンベロープはどのように使うのでしょうか?

売られすぎ買いすぎがわかる分析なので、

今後の値幅予測などに使用することが多いです。

値が反転するのを予測する時にも使えます。

具体例を出して説明してみます^^

エンベロープは買われすぎと売られすぎを

移動平均線を基準にして判断します。

もし、買われすぎというサインが出てるならば、

そろそろ売りが入るだろう(下がる)と予想できるので、

下がる前に清算しておくなど。

逆に、そこから売りが多くなるのなら、

自分もそれにあわせて売るなどの戦略が立てれます。

では欠点はなんでしょうか?

それは、強いトレンドがあるときは、

期待どおりに相場の転換が起こらないことがあるという点です。

ダマシが多くなるということですね^^;

乖離率、平均移動線の日数なども自分で設定しなければなりません

ちょっと大変かもって思うかもしれませんが、

数値などは簡単に変更できますので是非やってみて下さい^^

エンベロープは見やすく、わかりやすい分析だと思います。

では今回はこの辺でw



取引手数料無料、レバレッジは1~400倍選択可能のFX!


1千円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム

新値足とは?

今回も非時系列チャートの新値足の解説です!!

新値足とは、前回のかぎ足と同様で非時系列チャートです。

非時系列チャートとは、

時間の要素を取り入れないチャートのことをいいます。

何を一番考慮してるのかというと、価格変動に重点を置いています

これは非時系列チャートすべてに言えることです。

今回も実際に見たほうがわかりやすいので

外為どっとコムさんのnext Chartです
222.jpg
(クリックで拡大できます)

見方は簡単です、青が下降トレンドで赤が上昇トレンドです。

新値足もカギ足にも言えることですが、

チャートに時間の概念が入らない分、

価格の推移が見やすく、トレンドがわかりやすいです。

欠点は、加熱した相場では

陰線が出る前に急落してしまったり

逆に、陽線が出る前に急騰したりする点です。

要するに設定する数値によって、

売り買いの反応が早くなったり遅くなったりしてしまいます。

他にはレンジ相場(ボックス相場)に弱い面もあります。

シンプルにトレンドの方向性を見るに適してます。

新値足をメインに取引は厳しいので、

補助的に使うのがいいかもしれませんね^^

では今回はこの辺でw



取引手数料無料、レバレッジは1~400倍選択可能のFX!

1千円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。