FC2ブログ
FXを初心者向けにわかりやすく解説していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXをやってみよう!

前回でだいたいの説明が終わりました!!

次はもちろん実戦です!!

といってもまだ覚えることがあるんです^^;

焦らずにじっくり行きましょう!!

これまでいくつか専門用語を解説してきました。

もう一回ちゃんと説明しますね。

レバレッジとはてこの原理を用いた運用方法です。

少ない資金で大きな資金を運用できるということです。

これはFXにかぎったことではありません、

株の信用取引とかもこれにあたります。

何度も言ってますがFXは外国為替証拠金取引です。

FX業者に証拠金を預けることにより、

信用を得て取引できるのです。

信用=証拠金というわけです。

その信用を得れば、レバレッジをきかせて資産を運用できます。

このレバレッジは数倍~数百倍とFX業者によって様々です。

ここにFX業者の特色が出るといっても過言ではありません。

ですから、FX業者を決める際に重要なポイントになってきます。

レバレッジを簡単に説明するとしたら

自分の預けたお金(証拠金)の数倍~数十倍の取引が可能になる

と覚えてもらえば大丈夫です^^

次はスワップ金利です

スワップ金利とはスワップポイントとも呼ばれ

金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買う時に発生します。

詳しくはこの記事で説明しています。

簡単に言うと、金利差が一日単位で貰えることです。

この2つは前回までの記事で少し扱ってきた内容でした。

次のは聞いたことないかもしれませんが、

がんばって理解しましょう!!

FX会社のHPなどを見るとスプレットって単語をよく見ませんか?

私もどういう意味なんだろ?ぐらいしにか思っていませんでしたw

今はまだイメージが掴みにくいと思いますが、

スプレットとは、FXにおける外貨の売値と買値の差のことです。

みなさんニュースでこんなのを見ると思います。

「今日現在の東京外国為替市場は、1ドル114円16銭~19銭です」

この意味は

ドルを売る価格が114円16銭で、買う価格が114円19銭となります。

気づいたと思いますが、買うときと売るときの値段が違うのです。

これをスプレットといいます。

これはFX業者が取る手数料的なものと考えてくれれば大丈夫です。

この場合114円19銭-114円16銭=3銭 ということで

スプレット3銭となります。

例:1万ドルを同じ値段で買って、同じ値段で売るとします。

買うとき1141600円-売るとき1141900円=-300円 となります。

スプレットはFX業者間、通貨間両方で違います。

顧客としては、スプレットが低いほどいいってことになりますね。

しかし、スプレットだけでFX業者を決めるのは危険です^^;

FX業者の信頼度、手数料やシステムの安定度など

色々な要因がありますのでそこら辺も考慮しなければなりません。

今回は、レバレッジ、スワップ金利、スプレットを覚えて貰えれば

大丈夫です!!w

では今回はこの辺でw



取引手数料無料、レバレッジは1~400倍選択可能のFX!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。