FXを初心者向けにわかりやすく解説していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スワップ金利とは?

ここからは、聞きなれない単語が多くなるので頑張りましょう!!

前回はロールオーバーにより

無制限に決済日が延長できることがわかりました

そしてこの延長時に通貨間の金利差が発生します。

このことをスワップ金利と言います。

例を出すと、金利1%の通貨を売って金利3%の通貨を買うと

2%のスワップ金利を受け取ることができます!!

要するに、金利の低い通貨を売り金利の高い通貨を買い

その通貨を持ち続けるとスワップ金利の受け取りが発生します。

逆に、金利の高い通貨を売り金利の低い通貨を買い

その通貨を持ち続けるとスワップ金利の支払いが発生します。

そしてこのスワップ金利は一日単位で受け取りが発生します
(金利の高い通貨を持ち続けた場合)

例を出すと、通貨ペア(アメリカ/日本)で1米ドル=100円のときに

10万米ドルを買って持ち続けた場合

米ドルの金利が年利2.0%、日本円の金利が年利 0.05%とすると

スワップ金利として1日あたり約534円を受け取れます。

厳密に言うと、スワップ金利は銀行の金利とは違うのですが

感覚的には変わらないので、外国の通貨は日本より金利がいいんだ

程度に理解してくれれば問題ありません^^

では今回はこの辺でw



取引手数料無料、レバレッジは1~400倍選択可能のFX!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。